2016年11月27日日曜日

営業性個人的な印鑑を作るの巻

投稿が前後しましたが、いままでの経験上サークルとか部活動の印鑑ってそのときの部長とか会計担当の三文判だったよなー、とも思いここはあるものを使おうかともました。
 でも今は団体名とか屋号つきの口座の開設も厳しくなったからここはいっちょ本気度を見せねば(何のアピールだか)と思い直し、団体名の入った印鑑を作ることに。
街のはんこやさんで打ち合わせしないと駄目なのかなーといろいろしらべたところ、今はネット注文もできる模様。
密林様々です。注文したお店はこちら。

印鑑の窓口

印鑑 代表者印 丸寸胴タイプ 上柘・アカネ 18mm ケース別 熟練職人の手彫り仕上げ というのをチョイス。

真ん中の丸に自分の名前、外周の円にくるっとArchitectureの文字を入れてもらうことにして字体を選択。
するとお店から出来上がりサンプルの画像をメールしてくれるのでOKだったのでその旨返信しました。

ここまでの工程で手元に届くまで6日程度でした。ただ、字体の選択の時に届いたはずのメールが見つけられなくて再問い合わせしたのでそれがなければもっと短かったかもしれません。

正直、法人格でもなかったのでよく温泉なんかの子供用のキャラクター入りのシャチハタみたいなゆるーい感じを想像していたのでサンプルを見たときの感想

なんかすごいのきた

本当のこというとそのときまだサークルというか屋号というかする気持ちが固まっていたわけではなかったのですが「これ使ってみたい!」と気持ちが盛り上がったのでした。

次は会則作りへと進みます。



0 件のコメント:

コメントを投稿