2016年11月29日火曜日

会則を作ってみる

 印鑑ができたところで早速会則作成です。 学生のころはほぼ人数の少ない部活動にいたので一番上の学年の人間どころかその次の学年までフルメンバで役職についていたというかなんとゆーかでなんとなし昔とった杵柄…… 
とおもいきや、そんなかっちりした文面で書いたことがない人間はのっけから躓く。 ざっくり必要になるのが

・設立年月日
・会の活動内容
・メンバーの入会・脱退に関するもろもろの取り決め
・活動場所etc…… と会員名簿でしょうか。
それらのフォーマットはこちらのサイトからいただきました。
  エレファントなギークになるゾウ 

活動内容は『オススメの本持ち寄ってのんびり茶話会』→『アンティークコイン等に関する読書会と会員同士の知識の研鑽』と精一杯かっこいい(←?)目に書いてみました。

買い付けとかオークション参加とかしてれば活動内容に書けて一番いいんでしょうが(現物?これから頑張って集めるのですよ、なにしろ一枚がお高いので・・・・・・)いまのところはこんな感じ。

それから団体の名前、これが一番肝心なのですが以前『「アート引越しセンター」は電話帳で一番上になるためにアイウエオ順にはこだわった』というのが頭にあり、もっと早く出てくるのがいいなーと考えた結果です。

 アートよりまえだとアーク(ArK)なんかいいかなと思ったんですがノアの箱舟(Ark)で結構使う人多そうだなとおもってアーキ~で始まるものでチョイス。 でも後でカタカナ語辞典見てみたらアーキテクチャは3番目(汗)しっかり調べておけばよかった。

ちなみに手持ちの辞書では「アーカイバル」が一番初めでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿