2017年2月28日火曜日

政治的に正しい(?)子供向けアニメの見方

アラサーぐらいの人は分かると思うネタなんですが、アニメ「勇者シリーズ」が地方局でアンコール放送していました。
セル画アニメは今の子にも受けるのでしょうか。
今日のブログはいつにも増してチラ裏なのですが、改めて見ると、子供向け番組って結構しっかり下調べしてるんだなーと思って覚書です。
新聞社とはいえ会社にUPSがあるとかふた昔近く前にはちとオーバーテクノロジーなんじゃないかとか(見てた頃は気が付かなかったけれど舞台設定が2001年なんで、近未来設定だったらしい)
原発が怪獣に襲われてメルトダウンの危機っていうのは時期的にどーかというのは置いておいて(リアルタイムの放送時でもチェルノブイリの記憶が新しかった頃だし)
燃料冷却プールの水位がーっギャーッ
と正確な知識が......
ここで
「ふむ、原発ってこうなっているのか」
とか
「オレも心を持ったロボ作るぞー!!」と思った子は大成するのでしょう。きっと
毎回楽しみにしてたのは覚えてるんだけど、そういう隠し設定に鈍感だったから今現在こんなんなのかー
となんか納得でした(汗)
そもそも「政治的に正しくない」とかはよく聞く言い回しだけど、正しいってはいうのかどうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿